若い人への植毛について

最近は10代から20代全般で男性型の薄毛に悩み、植毛を希望する人が増えてきています。
若い世代に積極的に植毛をすることにはいろいろと議論が分かれますが、世界の多くの植毛の専門医は
『23〜25歳くらいまでは慎重に』という意見が多いようです。

 

その理由としては3つほどあげられます。

 

1.20歳くらいの方だと薄毛の進行でパニックになってしまい、
植毛の具体的内容についての説明を理性的に判断ができないことがあること。

 

2.植毛の結果について過大な期待を持ちすぎることが往々にしてあること。

 

3.植毛の進行の度合いには個人差があり、ある程度その経過を見たほうが良いこともあること。

 

これはもちろん原則論で、若くても植毛に踏み切ることもあります。
客観的にも植毛をしたほうが良いほど薄毛が進行していて、
本人も手術の内容に十分理解していることが見極められれば手術を断る理由がないからです。

 

その場合でも、国際毛髪外科学会の以下のガイドラインを守ることが大切とされています。

 

・いつでも本人の希望するヘアラインより高く設定すること
・なるべく先の読めないつむじへの植毛を避けること
・剃り込みのデザインを女性型にしないこと
・できるだけ薬物治療からスタートすること
・安全なドナーの領域を厳密にデザインすること。
・カウンセリングですぐに手術の予定を立てないこと。

トップへ戻る